出会い系サイト上でやり取りをし、相手と仲良くなるとアドレス交換をするのが一般的です。

 

出会い系は男性側がメールを送信すると料金が掛かってしまう
システムのサイトが多いためにずっと出会い系サイト上でメール交換をするとなると、

 

男性の金銭的負担となりますし、連絡の上で不便ですので直アドに移行します。

 

お金が勿体無いからと男性は即直アドを聞きたがる傾向にありますが、
あまり事を急ぐとアドレス交換を拒否される事があります。

 

女性は出会い系において男性よりも非常にもててしまうために、色々な男性とのメールのやり取りがあり、この男性とは仲良くなれそう、この男性はNGと見極めて男性を選出しなければなりません。直アドを聞かれたからといってすぐにアドレス交換をしていれば、直アドで連絡を取る男性が多すぎて管理に困ってしまいます。

 

ではアドレス交換のタイミングは?と言いますと、
お互いが仲良くなれた、これから良い関係が展開しそう、と確信できた時です。

 

ここで相手がこちらに好印象を持っていない場合、
またはキャッシュバッカーやサクラだった場合、拒否をされますが、

 

数回メールのやり取りをして仲良くなったのにアドレスを教えてくれないなんておかしい、とその相手は諦めましょう。

 

しかし、アドレスをすぐに教えてくれるからといって
こちらに好感を持っているわけでは無いパターンがあるのですが、それはメールアドレス収集業者です。
向こうからアドレスの提示を求めてきた場合、警戒しましょう。

 

なんとも難しいアドレス交換のタイミングですが、
相手のメールがどこか浮ついている、やたら交換に積極的、といった怪しい雰囲気を見極めましょう。
メールの雰囲気にもよりますが10回メールをした頃に交換を申し出ると良いタイミングと言えるでしょう。

出会い系サイトを攻略する上で特に大事なのは、失敗をしてもいいので積極的に行動をすることです。つまり、たとえメールの返信をもらえなかったとしても、いろんな女性にメールを送ったり、女性に嫌われてもいいので積極的に話しかけることが大事なのです。

 

積極的に行動することは、出会い系サイトの基本とも言えることですが、どうしても多くの人は失敗することを恐れてしまい、消極的になりがちなのです。しかし、出会いをモノにするためには、こちらから動かなければどうしようもないのです。

 

女性からメールをもらえるなんてまずありませんし、受身になっているだけでは一生出会うことなどできないのです。もちろん、失敗は何度でもやって構いません。むしろ、出会い系サイトは失敗するのは普通であり、何十回も失敗をしてようやく成功を掴むことができるのです。

 

ですから、出会い系サイトで失敗を恐れていてもキリがないのです。

 

特に無料の出会い系サイトであれば、失敗をしたところで損をすることもないわけですから、何も気にせずどんどん失敗することができるのです。もちろん、失敗をしたら何が悪かったのか、どこが良くなかったのか、反省はすべきだと言えます。

 

しかし、後悔をする必要は全くなく、むしろ後悔をする暇があれば次の相手を探すべきなのです。

 

また、失敗を積み重ねることでいろんなことを経験しますし、いろんなテクニックが身に付いたりするので、それが成功にも繋がるのです。出会い系サイトの達人と言われるような人でも、最初は数え切れないぐらいの失敗をして、そこから経験とスキルを身につけて達人になることができたのです。

 

何度も言うように、失敗は100回でも200回でもしてもいいので、自分からアグレッシブに行動するようにしましょう。

出会い率を上げる方法としてまず大切なのは、プロフィールが充実していることです。

 

男女両方に言えることですが、プロフィールを見て、その人がどんな人なのか興味を持ってもらえるようになるのです。プロフィールを見て、気になるな、仲良くなって見たいなと思わせることができれば次に進みます。

 

次はファーストメールです。
一番最初のメールの内容で仲良くなれるかどうかが左右されます。

 

男性はポイントを使うので、女性の人なら仲良くなりたい男性にはなるべく短文で送らずに適度に自分のことをメールするようにするとやさしいですね。男性も女性と仲良くなりたいと思うなら、短文でのメールはもったいないです。1回のメールでポイントが発生するサイトならそのポイントを生き金になるようなメッセージを女性に送る必要があります。

 

最終目的は会ってから良好な関係を築くことなので、正直にしっかり伝えるようにしましょう。
架空キャラを演じるのはご法度です。

 

プロフィールでよさげな子が見つかったらファーストメールを送るのですが、相手から見て、自分の希望に合っていない人からのメールには返信しないことも事実です。せっかく希望の相手をプロフィールに書いてるのですからしっかり読んでほしいところです。

 

しっかりと読んだ上で自分に対象が当てはまると思う人ならメールをすると間違いありません。

 

私も出会い系サイトをしていますが、プロフィールをしっかり読んで理解している人でないとメッセージのやり取りをしません。喫煙者はお断りなので、喫煙者の方からメッセージがくるとお断りすることもあります。

 

また、LINEも遠慮しているのですぐにLINEでのやりとりを言ってくる人とのやり取りもお断りしています。自分にとってどんな相手を望んでいるのか、自分はどんな人間なのかをしっかりアピールできていれば希望に合った人との出会いの率は上がります。

出会い系自体はお金さえ支払わなければ女性でも安心して利用ができるようになっていますが、
女性という性別は時として犯罪の対象となりやすいので、
実際に出会う際には相手が安全な人物かどうかを見極めましょう。

 

女性に対するサクラやキャッシュバッカーが存在するのも事実ですが、
殆どの女性は嘘を見抜く能力に長けているために、あまり引っ掛からないようです。

 

「僕はイケメンで芸能人の卵だよ」「俺は経営者で年収一億円を稼いでいるんだ」
といったいかにも怪しい男性には近付かないようにしましょう。

 

年収一億円があれば教養のある美人といくらでも現実で出会いがありますし、
芸能人の卵は出会い系で見知らぬ女性相手に油を売っているほど暇ではありません。

 

女性は登録無料の出会い系サイトが多いために、
女性向けのサクラやキャッシュバッカーを避けるためにも

 

登録無料、料金一切不要の出会い系に登録をしましょう。もしくはネット婚活サイトを使うのがベストですね。婚活サイトならそういったサクラやキャッシュバッカーはほぼいないので安心して使えます。

 

こちらがオススメ⇒無料婚活サイト一覧.jp
※上記のサイトの中でe-お見合いというサイトは無料ですね。

 

男性が有料なのは一般的ですが、女性でも料金が必要になる出会い系の場合、危ないサイトの可能性が濃厚です。

 

女性でも、男性と出会って男女の関係を持ちたいならばあまり警戒をする必要もないでしょう。

 

出会い系に登録をしている男性の殆どが身体目的のために、
男性と性的行為に至りたいという女性ならば相手に困りません。

 

逆に、男性と純粋なる友達になったり一夜限りではない恋愛関係に至りたいんだけど、
という女性の場合は体目的では無い男性に狙いを絞らなければならなくなります。

 

性的関係はNGとプロフィールに記載していればある程度身体目的の男性を避ける事ができます。

 

女性は男性からいくらでもメールが届くために、
メールの内容でちょっとでも危なそうだな、と思った男性とはメールをやめて他の男性に行きましょう。

出会い系を利用するならばキャッシュバッカーに要注意!

 

キャッシュバッカーとは男性からのメールを受け取る代わりに
現金や商品に換えることのできるポイントをゲットする事を目標としている一般登録者です。

 

出会い系サイト側はあくまでも女性は男性とのメール交換という純粋なる目的を行い、そのおまけとしてポイントが得られますよ、という体制を取っていますが、はなから男性との交流よりもお金目的でメール交換を行なっている登録者をキャッシュバッカーと呼びます。

 

そのキャッシュバッカーは本当の性別が女性でなくても行なえるために、
女性のふりをした暇を持て余した男子大学生、
仕事の合間にネカマを楽しみながらお小遣い稼ぎをしているサラリーマン、
10代のふりをした40代の主婦など、中身が残念なケースが多いです。

 

勿論、本当の女性がキャッシュバッカーを行っている事もありますが、
お金目当てなので嘘偽りのメールばかりを送ってきますし、まず出会えません。

 

キャッシュバッカーは本気を出すと一ヶ月に万単位のお金を稼ぐ事も可能なため、
やる気満々で男性とメール交換をしている本気のキャッシュバッカーも多いです。

 

本気を出したキャッシュバッカーはあらゆる手段を用いてきますので、
見抜くことが困難になってしまいます。

 

キャッシュバッカーは稼ぎ場である出会い系サイトを複数掛け持ちしている事も多々あり、

 

「ここの出会い系サイトよりも、こっちの出会い系の方が料金が掛からないよ、あなたに料金を負担させたくないからこっちの出会い系に登録をして交流を続けようよっ、以下URL」なんて偽り、他の出会い系サイトを紹介して男性を登録させ、その紹介登録料金を得る、という稼ぎ方もしています。

出会い系サイトにはつきものであるサクラですが、
サイト上で交流をする人物全てをサクラかもしれないと疑って掛かっていたら、
本物の素人女性も逃してしまい全く出会えなくなってしまいます。

 

出会い系サイトを利用している人ならば一度はサクラに引っ掛かった事がある、
というほどサクラは蔓延しているために、一度ならず二度や三度もサクラに引っ掛かり、
金銭的に損失を負ったり侮辱的な思いをしてしまった人は、

 

それ以降は警戒心を剥き出しにして連絡をしてくる女性全てに、

 

お前サクラか!?お前実は男だろ?!騙されないぞ!なんて突っかかり、
本物の純粋なる女性登録者にも悪印象を与えてしまいいつしか一人ぼっちに、なんて結末にもなっています。

 

サクラを見分ける方法として自分の欲に惑わされない、というのが大切になります。
ある意味自分の冷静さとの戦いとなりますね。

 

サクラは風俗で働いている、アイドルの養成所に通っている、
など容姿のレベルが高い事が保証されているステータスを持っていることが多いです。

 

また、えっちな事が大好きなの、など性的な雰囲気を醸し出している女性にも要注意です。
性で男性を釣ろうとしている訳ですね。

 

現在では会社員をしている普通の女性や、
無職の女性と偽っているサクラも多く、普通の雰囲気の女性にも油断はできません。

 

残念ながら、容姿が非常に悪く体重も120キロ、性格が特別暗く、メールも可愛くない、
といった男性が食いつきそうに無い女性ならば確実にサクラではないと言えましょう。

 

やたら媚びてくる、やたら可愛い、メールが短くて手抜きで内容が無い、
男性にお金を支払う事を提案してくる、つまりは逆援助交際の提案、

 

電話番号を絶対に教えてくれない、となるとサクラの可能性が高く、特にこちらが特別美男子であり若くも無いのに逆援助交際の申し入れをしてくる女性は100パーセントサクラなので無視をしましょう。

優良出会い系サイトの選び方ですが他人の意見や露出度にも関係してきます。

 

いくら出会い系のサイトのトップページに、当サイトは優良出会い系サイトです、
必ず男女が出会えています、と記されていても信憑性がありませんよね。

 

優良出会い系サイトの第一条件が大手である事です。

 

特にオススメな出会い系サイト一覧

ワクワクメール…会員数が400万人以上もいるサクラなしの出会い系。SNS的な機能もしっかりついていて出会い系の老舗なので間違いないサイト。

 

大手の出会い系サイトは宣伝の露出度が高く、男女共に沢山の人間が登録をしているために出会え易くなります。出会い系サイトの宣伝は雑誌で見かけたり、街頭のティッシュ配りや看板で見かけることができると思われます。宣伝を良く見かけるサイトは露出度が高いために自分以外の人間も宣伝に誘われ登録をしており、登録者が多いといえましょう。

 

出会い系、と検索をして検索結果上位に表示されるサイトも優良の確率が高いです。
必ずしもそうとは言えませんが、検索結果上位に表示されるという事は沢山の人間が閲覧している、
SEO対策にお金を使っているのでお金に余裕のあるまともな大手サイトの可能性が高くなります。

 

出会い系の情報サイトにも注目をしましょう。
情報サイトにはここの出会い系は大手、ここの出会い系は優良、
それに引き換えこっちの出会い系はサクラばかり、などと詳しく紹介されています。

 

紹介サイトの情報を鵜呑みにするのは危険ですが、ある程度参考にはなります。
信頼できそうなクチコミや評判を見分ける事が大切です。

 

また、老舗の出会い系サイトも優良サイトである確率が高くなります。

 

出会い系によっては10年前から運営をしているという老舗サイトもあり、
古くから運営をしているのならば信頼ができる、一定の数以上のユーザーが登録していると推測する事ができます。悪質なサイトでしたら悪評が広まりすぐに潰れてしまいますからね。