メアドを交換するベストなタイミングは?

出会い系サイト上でやり取りをし、相手と仲良くなるとアドレス交換をするのが一般的です。

 

出会い系は男性側がメールを送信すると料金が掛かってしまう
システムのサイトが多いためにずっと出会い系サイト上でメール交換をするとなると、

 

男性の金銭的負担となりますし、連絡の上で不便ですので直アドに移行します。

 

お金が勿体無いからと男性は即直アドを聞きたがる傾向にありますが、
あまり事を急ぐとアドレス交換を拒否される事があります。

 

女性は出会い系において男性よりも非常にもててしまうために、色々な男性とのメールのやり取りがあり、この男性とは仲良くなれそう、この男性はNGと見極めて男性を選出しなければなりません。直アドを聞かれたからといってすぐにアドレス交換をしていれば、直アドで連絡を取る男性が多すぎて管理に困ってしまいます。

 

ではアドレス交換のタイミングは?と言いますと、
お互いが仲良くなれた、これから良い関係が展開しそう、と確信できた時です。

 

ここで相手がこちらに好印象を持っていない場合、
またはキャッシュバッカーやサクラだった場合、拒否をされますが、

 

数回メールのやり取りをして仲良くなったのにアドレスを教えてくれないなんておかしい、とその相手は諦めましょう。

 

しかし、アドレスをすぐに教えてくれるからといって
こちらに好感を持っているわけでは無いパターンがあるのですが、それはメールアドレス収集業者です。
向こうからアドレスの提示を求めてきた場合、警戒しましょう。

 

なんとも難しいアドレス交換のタイミングですが、
相手のメールがどこか浮ついている、やたら交換に積極的、といった怪しい雰囲気を見極めましょう。
メールの雰囲気にもよりますが10回メールをした頃に交換を申し出ると良いタイミングと言えるでしょう。